がん保障付きの不動産担保ローンのメリット

病気になると雇用の維持が難しくなることも

実際にがんにかかってしまうと長期の治療が必要になることが多く、多くの場合には会社を退職しなければならないことが多いものです。
また、長期の治療を経て寛解した場合でもまた職場復帰をすることが非常に難しく、特に現在のように不景気が長く続いているといった状況では企業は病気になった人をそのまま継続して雇用し続けると言う事は現実的に難しいのが実情だと思われます。
そのため実際にがんが寛解しても元通りに働くことができると言う保証がなく、その意味ではこのローンの仕組みは非常に理にかなったものであると考えます。
一般的に不動産担保ローンは金利が安い上、その返済が長期にわたることができるものが多いので、月々の返済額を抑えることができることからある程度まとまったお金を借りることができるのがメリットです。
しかし長期にわたる場合にはその間に病気になってしまったり、その他の事情により返済をすることができるだけの収入を続けることができる保証がありません。
しかし不動産を担保にしているため、万が一返済が滞ってしまった場合にはその不動産を没収されてしまうことになり、その後の生活が立ち行かなくなってしまうことが多いものです。

誰か教えて。

障害年金どうこう以前の問題。

収入がないよ=家のローンはらえないよね、現実、、てかもう、来月払えないよね、崖っぷちだよ。
こうなったらどうしたらいいの?病気になって収入がなくなったひとをローンから救済してくれる申請とかってどこかにあるの??まじでピンチ。

— coconuts (@coconut11836969) November 19, 2019

がん保証付き不動産ローンで支払いが免除に病気になると雇用の維持が難しくなることももしものリスクに備えてるから安心